Googleでの記事検索

2016年12月4日日曜日

McAfee Endpoint Encryption (McAfee Drive Encryption) がかかったディスクのバックアップに関するお話

とあることから、McAfee Endpoint Encryption(MEE, MEE-PC)で暗号化されたディスクをバックアップしたいということがあり、なんとか成功したのでメモしておく。

2018/01/21 追記
最近では、McAfee Drive Encryption(MDE)とも言われる(後継品?)らしいので、タイトルにMDEを追記しました。

注意

  • 試される方は、自己責任でお願いします。この記事は、データのバックアップ成功を保証するものではありません。
  • 会社でやる場合は、会社の担当部署・担当者に相談の上、行ってください。


ことの馴れ初め

  • とあるノートPCをSSD化したいという要望があり、これに対応するため、検索。
  • 実際に行った事例が1件あったので実施したので、記録として残しておく。

参考
SafeBootで暗号化されたPCでもParagonでBackup・Restoreできます
会社のPCのHDD交換 with Safeboot!?

※要は、外付けディスクに書き出すときは、暗号化解除がされるので、これを利用するというお話。

実際に行った方法の説明

チェック項目


 □ノートPCがSSDを搭載できるかの確認(2.5インチデバイス搭載・分解方法)
 □SSD購入
 □元のHDDの容量以上の外部記憶媒体
 □外部記憶媒体への書き込み規制がないかの確認
 □OSの確認 Windows7 Professional SP1 64bit

Paragon Backup & Recoveryの導入とHDDのバックアップ→外付けHDD


 Paragon Backup & Recoveryというソフトをインストールします。
 →ソフトインストール規制がなされているかもしれないので、要確認。
 ParagonによるHDDのバックアップ
 →USBメモリなどへの書き込み規制がかかっていることがあるので、要確認。
 →NASなどに保管するのもありかもしれませんが、今回は外付けHDDにしました。
 Paragonによるブートディスクの作成
 →Win PE版よりも、Linux版の方がよいかも。
 Paragonによるリストアができるように、説明書などを(紙で)準備しておく。

HDD→SSDへ換装


 HDDをSSDへ載せ換えをする。
 手順は各ノートPCによるが、”型番 SSD 換装”などで検索すると事例が出てこなかったり出てきたり。

リストアする


 CD/DVDでブートする。
 手順については、あらかじめ方法を調べておく。BIOSでの起動順序を変えておくなど。
 某ノートPCは、初期設定では起動時の内蔵ドライブ電源がOFFになっているので、適宜設定する。

Windowsの起動確認とSSD設定


 Windowsが起動することを確認する。
 何回かバックアップを行って、うまく起動しないことがあったが、MBRを書き換えることで、うまく起動させた。
 SSDのTrimに関する設定をして、寿命を延ばす・高速化する。
 仮想メモリ(スワップ)を停止し、デフラグの実施スケジュールも無効にする。SSD寿命対策。


MEEの再暗号化

管理者にHDDが故障したと連絡しておき(ぉぃ)、暗号化申請を行い、暗号化した。
 タスクバーのアイコンから同期をクリックするだけでも、大丈夫かも。


2018/01/21 追記
 250GBのHDDから、512GBのSSDへバックアップした際に、パーティションをそのままコピーしたため、262GB程度の未使用領域が発生する。
 本来であれば、再暗号化する前に「ディスクの管理」から、パーティションの拡張を行って、容量を拡張することを行う。
 しかし、うっかり容量を拡張せずに再暗号化してしまった。
 だめもとで、暗号化後に容量を拡張し、Windows 7 Proを再起動すると、なんと普通に動作するじゃありませんか。
 ということで、再暗号化後でもWindows 7のパーティション拡張は可能なようです。


 
★あんまり怪しいことをすると、(いろいろな意味で)MEE-PC管理者に目をつけられたりするので注意。


2016年1月10日日曜日

ジャンクデジカメ(1000円)が普通に動いた

ジャンクデジカメが1000円だったので買ってみたら、動いたので、その経緯をまとめてみた。

きっかけ

帰省してすることがないので、PC関連パーツをあさりに街へ繰り出す。
PCNET某店でジャンクデジカメが1000円だったので、うっかり買ってみました。

ジャンク漁り

いつも通り、いろいろな店を回っていて、PCNETもそのひとつでした。

「「「「Canon IXYの何か」」」」

PCNETにてジャンク品としてCanon IXY の何かが山積みされていることを発見。
カメラは透明なジップ付袋に入っていて、現物の確認が可能でした。

傷などを確認して、よさそうなものを選びました。
袋の外から電源ボタンが押せたので、押してみると電源が入り液晶が表示されました。
撮影ボタンを押すと普通に撮影が可能でした。
これは買いだが、いろいろとトラブルがあると大変と思い、1つだけ購入。

その後、SDカードを入れてきちんと記録できるのを確認しました。
記録した画像についても、問題はありませんでした。

なぜ入荷されて売り叩かれていたかはわかりませんが、買い物をした。。。


その後

普通に売り切れてました(^q^)
中古品市場を見てみると、3000円くらいはしていたので、 2000円くらい儲けました。


教訓

ジャンクとして売られてて、所望の動作が確認できたら買うべし。
その場で調べて問題が解決するなら買うべし。

2016年1月3日日曜日

ThinkPad X201iのWindows10化

経緯

サーバ TX100 S3にてWindows Updateなどをしていると、しきりにWindows10にしないか?という通知が来るようになった。
そこであまり使用していないThinkPad X201iを試験的にアップデートすることにした(戻せるらしいし)。

手順

通知に従っていくだけでした。

 




ダウンロードが終わると、Windows Updateな画面になってまたダウンロード…。規約画面が出てきて「同意する」→「今すぐアップデートを開始」で進んでいきました。

  



この後、Windows7が再起動して、Windows10へのアップグレード処理が始まりました。

 

アップグレード処理が終わると、初期設定をしろといわれますので、行っていきます。


 


初期設定が完了すると、ログインできるようになります。

使用感

※快適さや問題点があることを保証するわけではありません。個人的主観です。

UIについて

スタートボタンはあるし、操作方法はWindows7とほとんど変わらないので、問題はほとんどなかったです。
しいて言えば、エクスプローラーの戻るボタンが小さくなって押しにくいことがマイナスなくらいです。

動作速度について

Windows7のときとほとんど変わらない感じです。

不具合について

インストール当初は、指紋認証が使用できませんでしたが、Windows Updateを行うことによって使用できるようになりました。
スリープ後の放置時間が長いと、復帰に毎度失敗します。ジャンク品なので何とも言えませんが。。。
そのほか、Fnキー用のユーティリティソフトなどは問題なく使用できました。