Googleでの記事検索

2019年3月3日日曜日

賃貸一戸建ての和室畳の一部を、工事をせずに安価にフローリングにしてみた

年度末です、はい。忙しいです・・・。
うっかり、和室畳の一部を安く工事無しでフローリングにしてしまったので報告します。


背景

私が借りている家は2DKですが、洋室・和室があります。
相方が洋室派で、私も洋室派なのですが、なぜか和室になりました・・・。なぜだ。
しかし、和室は床が畳であるため、机(主にPCデスク)が置けないという課題がありました。
→ そこで、和室を洋室にすることを検討しました。
 ⇒ 和室を洋室にすることにしました。

下調べ

和室から洋室にする事例を調べると、リフォームの事例が当たりました。
https://zaimoku.me/mag/diy_washitsu/

賃貸でリフォームはは不可能です。その他、専用の板を買って全面に敷き詰めるなどがありますが非常に高価で、なおかつ退去するときに面倒になりそうでした。

フロアマットのようなものもありますが、厚さが1.5mmくらいで、机を乗せると割れそうな感じがします。




私が行いたいことは、部屋にPCと机を置くことなので、

  • 部屋の一部にフローリングがあればいい
  • ある程度丈夫なフローリングがほしい

ことに気づきました。
もちろん、そんなに予算がかけられません。

畳の上に板を貼ることを検討している中で、建築用床材が安いとの情報を得ました。
ホームセンターで床材を見ると、なんとも安いではありませんか(下調べ通り)。ご丁寧に貼り方まで紹介されていました。
※写真撮り忘れた・・・

早速購入して、とりあえず隅の方だけ、床材を敷き詰めることにしました。


〇まとめ
ホームセンターで床材を買って、自分で貼ろう!
※ホームセンターは大型でかつ、床材を運ぶためのトラックを貸してくれるところに限る。

床材の購入

ホームセンターで購入できます。
重くてでかいので、車は必須です。

2畳分で\6,000円くらいです。厚みは12mmです。1800mm×300mm×12mm
(リンク)






床材への下処理

建築関連で使用するためか、それほどきれいな状態ではなく、細かい木くず(むしろ粉)などがついていました。
これを乾いたウエスで拭きました。

まずは表側(乗る側)を拭いて、そのあとに裏側(畳に当たる面)を拭きました。

裏側を拭く。




敷く作業

床材側面のに凹凸があり、これを組み合わせることで継ぎ目がずれないように、床を貼って行くことができます。


継ぎ目の端っこを、同色系統のマスキングテープで貼っておくことで、目立たなく固定しかつテープのノリもほとんど気にしなくてよくなりました。


こんな感じに敷き詰めていき、はしっこはマスキングテープで止めます。



角が当たる個所を、カッターでカット。

橋や角はこんな感じです。

出入口はにもマスキングテープをして、木の破片が足に刺さらないようにしています。



快適です。

掃除・メンテなど

普通に掃除機をガシガシかけて大丈夫です。
ワックスなんかもかけてもOKです。もともとの用途(フローリング)と同じように使っているので。

まとめ

和室でも、フローリング床材(安価)を買って敷き詰めれば、机は置けます。



0 件のコメント:

コメントを投稿