ラベル DIY の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル DIY の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月2日水曜日

Dynabook R63/DNのメモリ交換をしてみる

ことの始まり

  ひょんなことから、公式ではメモリ増設不可と言われるDynabook R63/DN (2019年ごろのモデル)について、メモリ増設を依頼されたので、そのときの対応を書いておきます。

 

 結果的にメモリ増設はできました。

 

メモリ増設の理由と結果

 このノートPCで、Word/Excel/Powerpoint/Outlookの作業をしていると、フリーズ数十秒してしまうようです。タスクマネージャーを見るとメモリ使用率が95%程度だったり、ディスクアクセスランプがつきっぱなしの状態になっているとのことでした。

 この状態から、仮想メモリへのスワップが 頻繁に起こっているのではないかと想定してメモリ増設を決意したそうです。

※増設の結果、多少は改善されたようですが、今度はCPU負荷・通信速度でのフリーズ(10秒以内)が発生しているとのことでした・・・。世知辛い。。。

 

メモリ増設可否の確認

 Dynabook R63/DNでメモリ増設について調べると、公式HPでは増設不可で営業担当にお問い合わせくださいとのことでした(下図はカタログからの抜粋)。


 

 ただネットで調べると、同型の機種で交換をしている事例が見つかりました。

dynabook R63のメモリを16GBに増設してみた - orzmakoto’s blog

(dynabook R63 memory 16gb) メインで使ってるノートPCのdynabook R63(2014年夏モデル)はメモリ8GBで最近頻繁に、メモリ不足の警告が出ていて、この手のノートPCはメモリ増設できないしと諦め状態だったがなんとメモリスロットが1つ空いていて増設可能なことが判明dynabook R63の主なスペック CPU ンテル® Core™ i7-4510U 2.00GHz メモリ 8GB SSD 256GB 重量 約1.2kg バッテリ駆動時間 約12時間 メーカサイトにはばっちり増設不可って書かれてるのを信用していまったぜ いざ分解 まずは裏のネジを外します

 

  これを読むと、カタログにはメモリスロットが2つないとできないようなメモリ構成も書かれていて、スロットはありそう・・・。

 よって、今回はこれに従って、チャレンジしてみました。

 

★もし実施される際は自己責任での対応をお願いします!!!メーカー保証などもなくなります!!!

 

対応するメモリの確認とお買い上げ

 ノートPCカタログやマニュアルなどから、対応するメモリ規格を確認します。

 今回はDDR4 SO-DIMM ですので、お間違いなく。

※昔、DDR3メモリを買って中古デスクトップPCにつもうとしたらDDR4でした。。。

まずはひっくり返して底板を外す

※PCはシャットダウンしておきます。

 写真のようにひっくり返して底板が見える状態にし、赤○箇所のネジ 13本 を外します。ドライバはプラスドライバー #0を使いました。

 外したネジは、粘着面を上にして固定した幅広マスキングテープに貼っておくと便利です。ピンセットがあると便利かもしれないです。


 

 

メモリの交換作業

 底板を外すと、空メモリスロットがあるので、ここに購入したメモリを増設します。

 

 dynabook R63/DN非常に作業しやすい作りになっています。作業する前に、金属などを触って静電気対策を忘れずに。静電気防止手袋などをしてもいいかもしれないです。

 

 増設するとこんな感じです。

 


 増設後は、逆手順で底板を取り付けるだけです。

 

増設後のメモリ認識確認

 F8かF2か、何かのキーを連打し、UEFI(昔のBIOS)画面を表示して、メモリが認識されていることを確認しました。

 


 

その他ベンチマークなど

 

SSD

  分解ついでにSSDの型番も確認(安心のCrucial製)。残念ながらNVMeではなくSATAです。 薄く作るためにはやっぱりM.2スロット形状なんでしょうか・・・。でも斜め実装は素敵。

 

 このPC(SSD)はWindows 10 BitLockerによる暗号化がかかっているとのことですが、クローン作業をすればSSD交換作業もできるはず。下記記事が参考になると思います(機種が違いますが)。

Panasonic Let's note CF-SZ6のWindows 10 BitLocker暗号化済みSSD(M.2 SATA)を換装してみる

早いもので、もう3月も半分が過ぎました。。。 そんな折に、某氏からLet's noteのSSD容量を増やしたいとの依頼が来てしまいました。 256GB→1TBにする作業はなんとか成功させましたが、そのPCがちょっと特殊だったので、備忘録的に手順を書いておきます。 背景と...


冷却ファン

  CPU/GPUを冷却するファンもエアダスターなどで吹いて、掃除しておきました。そんなに汚れてなかったです。必要があれば、グリス交換をしてもいいのかもしれないです。


 

 

拡張端子?

 マザーボードを眺めると、拡張端子(コネクタ)用と思われるコネクタのランドがありました。


 調べてみると、ポート拡張ユニットなるものが売られていました。これを接続するとLANやUSB3.0/2.0、DVI/VGA端子などが増設できるようです。


※当然ですが、Dynabook R63/DNは端子がないので増設不可です。
 

まとめ

 Dynabook R63/DNのメモリ増設を実施しました。底板を外すとメモリスロットがあり、適合するメモリを挿すだけで増設できました。

 肝心のパフォーマンスは、フリーズ頻度が減ってそこそこ満足、という結果でした。


2020年9月20日日曜日

FlexiSpot+IKEAの机天板でスタンディングデスクを作りました。

ことのはじめ

在宅ワークが増えたので、スタンディングデスクを導入したいと思っていろいろと探していました。

その結果、FlexiSpotが最も良さそうだと思いましたが、お値段が張って躊躇してしまいました。

そこで、今回は既存机のIKEA天板 LINNMON テーブルトップを流用して、少しでも安く上げる方法を試してみたので紹介します。

スタンディングデスクとは?

主にデスクワーク(いわゆる書類仕事やパソコン仕事)を立って行うときに使用するデスクのことです。立って働くことが欧で流行っている仕事のスタイルで、これが日本にも入ってきていています。

ずっと座っている状態でいると、血行不良などで体の痛みが発生したり、各種病気の原因となることが研究で明らかにされているようです。

スタンディングデスクへのこだわり

私がスタンディングデスク選びでこだわったことは、

  • 昇降式であること
  • 最低高さが60cmとなること

の2つです。

昇降式であること

スタンディングワークがよいと言われていても、やはりずっと立って仕事をするのは疲れます。

そのため、昇降式のもので電動のものにすることとしました(手回し式だと、結局普通の机と同じようになってしまうらしい)。

最低高さが60cmであること

これは使用する人の身長によるもの制限です。

身長と机の高さで、最適な机高さが決まるようで、相方の身長を考慮すると机高さを下げたときに60cmになる必要がありました。

 

買ったもの、準備したもの

前述の条件を満たすものは、FlexiSpot E7bとなります。 また、安く上げるためにFlexiSpotは天板がついていないものを買いました。流用するIKEA天板 LINNMON テーブルトップ も用意します。




テーブルトップの選び方は、以前のブログをご参照ください。

組んでみました。

LINNMON 天板を外す。

既存のIKEA机を分解します。 以前記事にしたとおり、この机の足は5箇所あります。 リンク

※足だけでも取引されているよう。売ろうかしら…。



LINNMON+5本足の机・・・(ディスプレイを置く箇所のたわみ対策)
足を外した状態



FlexiSpotの開封

こんな感じで届きました。

FlexiSpot E7b 梱包状態 横113cm×縦30cm×高さ18cmの箱


FlexiSpot E7b箱の中身

FlexiSpot E7b 組み立て説明書(小難しい)


この金具はめちゃくちゃ重いので、作業するときは二人以上いたほうがいいかもしれないです。私(成人男性)は一人でやりましたが、汗をかきながら作業していました。。。


IKEA天板にFlexiSpotをつける

天板を裏返して金具をつけます。今回、金具を取り付ける箇所は端にしました。 IKEAの天板は、端の部分以外は板が入っていないようで、この板の部分に金具を付けるよう、端に取り付けました。 ※しっかりとした板が入っている箇所は端のみであるため。


天板とFlexiSpot部品の位置関係

足部分の金具を取り付ける箇所


コントローラーをつける

コントローラーは両面テープで取り付けました。もしかしたら移動するかもしれないし、取り付けたい箇所がスカスカで、ネジによる取り付けができない可能性もあるためです。取り付け位置は左側にしました。

付属の配線は、今回の天板サイズであればどの箇所につけても、長さは足りる感じでした。 机裏のケーブルカバー金具部分にうまく隠すことができます。

机(天板)の左に取り付けたが・・・

※椅子にあぐらをかく人の場合、足(ふともも)がコントローラーにあたって動作してしまいました。手や足が触れたりする場所には取り付けしないほうがいいと思いますが、操作しにくい・・・。



高さの記憶

このFlexiSpotは、高さを記憶する機能があるので、自分・相方の座り・立ち状態での最適高さを記憶するようにしました。

細かい高さ調整は、ボタン操作が難しいかも。。。

感想・レビュー

非常に良いです。 最初は座って仕事をして、眠くなってきたらスタンディングデスクにするなど、いろいろと試しています。

価格がネックですが、座って仕事するような人にはぜひおすすめしたいです。

  




関連記事

 

Googleでの記事検索