Googleでの記事検索

2020年4月12日日曜日

単身赴任することになったので、激安でPCデスクを自作してみた。

皆さんこんにちは。


PCデスク自作の背景

なんとこの私、単身赴任することになりました・・・。
早速、一人暮らしの開始です。


現状の家は維持しつつ、でもある程度の家具は必要になってくるのです。
なるべく最小限の投資にしたいのですが、PCデスクは妥協したくない(笑)

そのため、自作することにしました(爆)
※現状、家で使っているデスクはこちらからご確認ください。


安いものはこんな感じです。奥行きが足りない・・・(下記は60cm)。



PCデスクの要件

過去の製作結果から、下記がわかっています。

高さ70cm
奥行70cm以上
適宜※

※キーボード・マウスを置く場所と、24インチのディスプレイが2~3台置ければOK。


家にあるものをそのまま導入しないの?

IKEAの机をPCデスクとして導入したときは天板と足を買って組み上げましたが、今回は田舎なのでそんなものはありません。
通販もありですが、またなんだかんだで結構な値段がします。

⇒自作することにしました。

自作デスクの事例検索

まずはアイディアを・・・。

PCデスクを自作しよう!簡単DIY方法&おしゃれな手作りアイデアをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]

スマートフォンは便利な生活を送るうえで、なくてはならないものです。スマートフォンだけでなく、タブレットも利用している人は多いでしょう。さまざまなことがスマートフォンやタブレットでおこなえるため、パソコンを使う機会が減ってきています。いろいろな仕事をこなすことも可能です。でもパソコンでないとできない、またはスムーズに作業を進められないことは、まだまだたくさんあります。特に仕事はパソコンが必要で...

色々ありますね。。。
基本的にやっていることは、下記の通り。


  1. 天板を切り出して塗装する、あるいは業者に切り出してもらう。

  2. →塗装は面倒なので天板も切り出してくれる業者に依頼しようと思いましたが、どこも8000円~とちょっと高価・・・。

  3. ・足は既成のものを買ってきて木ネジ留めする、カラーボックスなどで代用する、木で自作する。

  4. →既製品は鉄で出てきていて高価、カラーボックスなどでは高さ調整が難しい・・・。

⇒結局、天板・足共に自分ですべて作ることにしました。

設計図的な何か

こんな感じにしました。



余談ですが、支柱をつなぐ2×4材(図中青色)を反対側にも増やせばよかったと後悔しています。


私が選んだ材料

・構造用合板 (ネダノン) 1820×910 mm (28mm厚)
 主に床で使用するものです。これを、1600×750mmに切り出しました。
 表面は凸凹していますが、書き物をする机ではないと割り切り、これにしました。
 ※そもそも書類を書くときはノートなどの上から書けば問題にはならないので・・・。

 24mmもありましたが、反り防止のため28mmとしました。

・2×4 材
 1800mmの柱を適当なものに切り出して使うことにしました。



項目単価数量小計
ネダノン(1820×910mm 28mm厚)¥3,0001¥3,000
2×4材¥4004¥1,600
カットサービス (いろいろまとめ)¥3001¥300
コーススレッド¥7001¥700
合計¥5,600

★とても安価でした。人件費を除けば・・・。








材料・加工写真集

材料はこんな感じですね・・・。
組み立てはホームセンターの工房で行ったのですが、無料工具にインパクトドライバーが無く、コーススレッドの打ち込みが非常に大変でした。

28mmです。

もっと安いときもある。



今回はホームセンターの工房で、カット済み2×4材の組み立てを実施。


完成写真

こちらの様になりました。

全体はこんな感じ。
自作あるあるの不良・・・。

実は足がぐらつく・・・。



感想

結構大変でしたが安価に作ることができました。
グラつきは気になりますが、デスクトップパソコンとディスプレイを載せているとあまり気になりませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿